HOME

国によっては歯の管理が悪い人は出世できない文化も!?

審美歯科の歴史は、そう、長くはなく、1990年だいに、ロスアンゼルスの歯科医から起こり、それが世界に広がっていきました。

「審美」というのは、日本語で、「エステティックス」という意味で、美容を意味する(コスメティックス)とわけるために使われているようです。

日本では、この審美歯科は歴史が新しいですが、現在、女性を中心とした患者さんの要望が高まって機能と美しさを合わせた治療を行う医師も増えています。

発祥の地、アメリカでは、この歯科は多く広まり、口元を綺麗にするのは常識となっていて、歯の管理が悪い人は出世できないとまで、言われています。

これは、社交の際に、口元から見える歯が、白くて綺麗な歯並びですと、印象もよくなり、また、逆に歯が汚いと印象がそれだけで悪くなってしまう場合もあるからでしょう。

あと、歯が悪いと、それがコンプレックスなどになってしまい、内向的になりかねません。
歯を綺麗にするだけで、それがなくなり、明るい性格になる場合もあるので、この治療は、大切なことだといます。

今後、日本でも審美歯科は、更に多くなっていくことでしょう。