HOME > 歯医者との違い

審美歯科と歯医者とは何がどう違うのでしょう?

歯医者というのは歯の健康を守ることが専門のお医者さんですね。
虫歯の治療や歯の矯正などをするところです。そして、審美歯科というのは葉を美しく見せることが専門のお医者さんです。
歯を白くしたり、歯並びを美しくしたりするところです。容貌を整えるための施術は健康保険の適用となりませんので、審美歯科の施術は全額自己負担となります。
しかし、歯の矯正に限っては普通の歯医者でも健康保険の適用ではありません。
ただ、二つの歯科の違いは明確にあります。
矯正を例にとってみると、審美歯科の場合は歯を削って上からかぶせるという手法ですので、人に気づかれることなく短期間で美しい歯並びが手に入ります。
ただ費用はとても高額なものとなってしまいます。
そして歯医者の場合の矯正は、歯にブリッジをはめて少しずつ動かすという手法で行います。
ですから、見た目にもかなり目立ちますし、人によっては何年もかかります。
費用は審美歯科よりは安く抑えられます。
しかし、あのブリッジが嫌で矯正をためらっている人がかなりの数いますので、どうせ高額な費用を払うなら短期間で終了する審美歯科がいいという人が増えてきています。

おすすめ!訪問歯科という新サービス