HOME > 歯医者と何が違うのか

自分の希望に合った設備を選択することがより良い治療に繋がる

歯医者も審美歯科も歯の健康を保つためのものであることには変わりませんが、根本的な治療内容が違います。
まず歯医者では多く行われるのは虫歯の治療でしょう。
治療の方法は「削る」「埋める」「固める」という虫歯になった歯を集中的に「治療」するのが歯医者です。
歯の形を虫歯の前と同じように調えることはしますが、見た目よりも痛みの除去、虫歯の除去に徹底します。
そのため、保険が適用される治療も多くなります。
次に審美歯科では、ホワイトニング、歯列矯正、セラミックなど歯の見た目への治療が主になります。
つまり、虫歯の有無にかかわらず、歯をきれいに見せる「美容」面の大きい治療が大きいといえます。
あくまで「美容」という面が大きいため保険はきかず、自費診療が多いです。
しかし、先に述べたとおり、歯の健康を保つことには変わりありませんし、歯を治療することで歯医者は「痛みの除去」、審美歯科では「見た目によるコンプレックスの除去」という面では精神的な治療に繋がるものになることは間違いありません。