HOME > 審美歯科の治療法「マウスピース矯正」

属のブリッジと違い、他人に気づかれることがない矯正

マウスピース矯正という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
審美歯科などで近年積極的に行われている歯の矯正治療法なのです。
このマウスピース矯正ですが、普通の矯正と何が違うのかというと、透明なマウスピースを装着することで矯正を行いますので、
あの金属のブリッジと違って他人に気づかれることなく矯正ができるのです。

あのブリッジをつけるのが嫌だから矯正したくないという人がとても多い中、これはとても患者さんにとってうれしい手法ですよね。
また、金属ブリッジは装着すると勝手に外すことができませんが、マウスピースは食事や歯磨きのときなどに外すことができるんです。
ですから、矯正具にものが挟まったり、歯磨きが思うようにできず不快になることもありません。

矯正にかかる期間は、歯を動かして行う方法なので普通の矯正と同程度の期間がかかります。
ただ、削ってかぶせるという方法よりは自分の歯を維持しながらできるので、年をとっても健康な歯を保てる可能性がかなり高まります。
費用の面ですが、これはとても個人差が大きくなってきます。

部分矯正なら10万円くらいで治まる場合もありますし、全顎矯正が必要なら100万円くらいかかってしまう場合もあります。
ただ見た目の問題が解消できるマウスピース矯正は、従来のものと比べて大変おすすめの治療法といえます。