HOME > ホワイトニングという治療法

希望する人増加!歯の漂泊

歯の色が黄色かったり黒ずんでいたりして悩んでいる人はかなりいますね。
毎日きちんと歯磨きしているのに一向に白くならず、年を重ねるにしたがってひどくなっているような気さえするという人もいます。ですから、審美歯科などでホワイトニングを希望する人が増えているのです。
では審美歯科ではどのような治療法でホワイトニングを実施しているのでしょうか。
まず、食物や飲料などの着色汚れの場合は、歯のクリーニングを行います。
着色汚れだけならこれでだいぶキレイになりますが、これはただもともとの歯の色に戻すというだけのものですので、もともとの歯が黄色い人はそんなに白くなった感じがしないかもしれません。
もっと白くしたいという人は、歯の漂白を行います。
これが一般的によく知られているホワイトニングで、ホワイトニング剤を塗って歯を白く漂白することができます。
しかし、先天的に歯の一部が変色していたりする人もいますし、金属の詰め物などの色までは白くすることができません。
ですから、そういう場合はセラミックをかぶせたりして人工的に美しい歯を作るのです。
普通の歯科でも歯のクリーニング程度ならできますが、それ以上を望むのでしたら審美歯科で施術を受けるのが良いでしょう。